「スポンサーの意向が絶対」民放の地上波ドラマから飛び出した WOWOWドラマプロデューサー・岡野真紀子<現代の肖像>

2021/01/23 17:00

 プロデューサー、岡野真紀子。WOWOWで初めて作ったドラマが、山口県光市の未成年者による母子殺害事件の被害者を描いた「なぜ君は絶望と闘えたのか」。それからも「しんがり」「コールドケース」「坂の途中の家」など重みあるドラマを多く手掛け、1月から「トッカイ」がスタート。プロデューサーの岡野真紀子は、怒りをもって闘う人間が好きだと言う。有意義なドラマを作りたいと、使命感を燃やす。

あわせて読みたい

  • B'z稲葉浩志『マッサン』タッグの玉山鉄二×羽原大介による新ドラマ主題歌担当

    B'z稲葉浩志『マッサン』タッグの玉山鉄二×羽原大介による新ドラマ主題歌担当

    Billboard JAPAN

    10/14

    ちゃんみな NEWミニアルバム『CHOCOLATE』11月リリース

    ちゃんみな NEWミニアルバム『CHOCOLATE』11月リリース

    Billboard JAPAN

    8/21

  • 米倉涼子、新垣結衣の人気ドラマに対抗? 善戦するWOWOW「社会派ドラマ」への高評価

    米倉涼子、新垣結衣の人気ドラマに対抗? 善戦するWOWOW「社会派ドラマ」への高評価

    dot.

    9/28

    無秩序な韓国芸能界に対し新法設立。若いK-POPスターへ性的描写の強要などを禁ずる

    無秩序な韓国芸能界に対し新法設立。若いK-POPスターへ性的描写の強要などを禁ずる

    Billboard JAPAN

    7/10

  • 日テレなのにNHKで演出? 中山美穂の『プラトニック』が面白い訳

    日テレなのにNHKで演出? 中山美穂の『プラトニック』が面白い訳

    週刊朝日

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す