スウェーデン流「緩い制限」で感染拡大をコントロール 「集団免疫」目指しているは誤解

新型コロナウイルス

2020/12/20 08:02

 ある集団の3分の2以上が感染すると、それ以上は広がらないとされる「集団免疫」。 各国に比べ「緩い」感染防止策をとってきたスウェーデンと日本の現状は。AERA 2020年12月21日号から。

あわせて読みたい

  • 新型コロナ「第2波」対策に医師が提言「どうやって安全に集団免疫を獲得していくか」

    新型コロナ「第2波」対策に医師が提言「どうやって安全に集団免疫を獲得していくか」

    AERA

    5/21

    「日本でも集団免疫あると言っていい」と見る専門家 抗体なくても免疫が有効に働いた例も

    「日本でも集団免疫あると言っていい」と見る専門家 抗体なくても免疫が有効に働いた例も

    AERA

    12/21

  • AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    週刊朝日

    4/6

    コロナ禍の高齢者ホームで大活躍した、“昔ながら”の意外なものとは?

    コロナ禍の高齢者ホームで大活躍した、“昔ながら”の意外なものとは?

    dot.

    11/24

  • 東京五輪で「変異ウイルス」持ち込まれたらどうなる? 「恐れなくていい」専門家が指摘する理由

    東京五輪で「変異ウイルス」持ち込まれたらどうなる? 「恐れなくていい」専門家が指摘する理由

    AERA

    11/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す