コロナ禍でもグローバルでビジネス体験 オンラインで切磋琢磨する学生たち (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍でもグローバルでビジネス体験 オンラインで切磋琢磨する学生たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
石田かおるAERA
コロナ収束後の海外インターンは、オンラインで仕事や人間関係のベースを築き、現地でステップアップを図るなど、両者を組み合わせた方法へ発展していく可能性も(gettyimages)

コロナ収束後の海外インターンは、オンラインで仕事や人間関係のベースを築き、現地でステップアップを図るなど、両者を組み合わせた方法へ発展していく可能性も(gettyimages)

追手門学院大学が取り入れた、オンラインの4週間の海外インターンプログラムは、2時間の講義を受けた後、チームや個人で実習。3日単位で、段階を踏みビジネスを実体験する(スパイスアップ・アカデミア提供)

追手門学院大学が取り入れた、オンラインの4週間の海外インターンプログラムは、2時間の講義を受けた後、チームや個人で実習。3日単位で、段階を踏みビジネスを実体験する(スパイスアップ・アカデミア提供)

「グーグル翻訳やネイティブの人の力を借りました。フェイスブックやインスタグラムに載せた広告にコメントがついたり、アクセス数の増減が見られたりして達成感がありました」

 荻原さんはチームの進行管理を担当した。

「対面もオンラインも成果を数字で測る点は変わらないと思いました。また、オンラインのコミュニケーションには、対面にはない難しさがあることを、進行管理を通じて学びました」

 プログラムを手がける、スパイスアップ・アカデミア代表の森山たつをさん(44)は言う。

「自分がどこにいてもグローバルに仕事ができるスキルを身につけることは今後不可欠。コロナ収束後も、オンラインで仕事をするいまの流れはなくならないでしょう。海外インターンも、現地型とオンライン型の両方が、それぞれの良さを生かし並立していくと思います」

(編集部・石田かおる)

AERA 2020年11月23日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい