いいリモートは「複線型コミュニケーション」がカギ Zoom日本法人とヤッホーに学ぶ在宅ワーク改善法

2020/11/05 07:02

 コロナ禍で広がったリモートワーク。弊害も目立ち、出勤に舵を切る企業も増える。だが、本当にダメなのか。新しい働き方はまだ始まったばかり。弱点をあぶり出し、対策を講じれば、「もっといいリモート」はきっと実現できる。AERA 2020年11月9日号は「リモート改善」を特集。

あわせて読みたい

  • 「相手がそこにいる感覚」3Dアバター会議でリアル超え? 目線や手の動き反映、発言の翻訳機能も

    「相手がそこにいる感覚」3Dアバター会議でリアル超え? 目線や手の動き反映、発言の翻訳機能も

    AERA

    11/6

    テレワークで避けたい

    テレワークで避けたい"不要不急"… コロナ禍で利用者爆増のZoomが意識する声とは?

    AERA

    4/20

  • 「半沢と渡真利の関係にはなれない」と涙が 入社して「いきなりリモート」新入社員の体験談

    「半沢と渡真利の関係にはなれない」と涙が 入社して「いきなりリモート」新入社員の体験談

    AERA

    11/7

    在宅勤務手当6万円、イベントのオンライン化…メルカリが3カ月模索した新しい働き方

    在宅勤務手当6万円、イベントのオンライン化…メルカリが3カ月模索した新しい働き方

    AERA

    6/17

  • テレワークは「サボる?」「パジャマでOK?」 緊急導入でも失敗しない企業がやっていること

    テレワークは「サボる?」「パジャマでOK?」 緊急導入でも失敗しない企業がやっていること

    dot.

    3/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す