作家として「ジャーナリズム」を背負いたい…映画「罪の声」原作・塩田武士の決意に主演の小栗旬、星野源も感嘆

2020/10/30 17:02

 事件を語る人の表情も、声も、すべてが生々しさに満ちていた。昭和最大の未解決事件をモチーフに書き上げられた塩田武士のミステリー小説『罪の声』が映画化された。事件を追いかける新聞記者・阿久津英士を小栗旬、事件に巻き込まれる曽根俊也を星野源が演じる。原作者である塩田武士を交えた3人が、10月30日の映画公開を前に、作品への思いを明かした。全文はAERA 2020年11月2日号に掲載されている。

あわせて読みたい

  • 小栗旬・星野源と原作者・塩田武士が語る 『罪の声』映画化という「覚悟のいるチャレンジ」

    小栗旬・星野源と原作者・塩田武士が語る 『罪の声』映画化という「覚悟のいるチャレンジ」

    AERA

    10/29

    小栗旬&星野源が映画初共演、「星野源という素晴らしいアーティストと」「小栗くんと初めてじっくりとお仕事できる」

    小栗旬&星野源が映画初共演、「星野源という素晴らしいアーティストと」「小栗くんと初めてじっくりとお仕事できる」

    Billboard JAPAN

    4/18

  • 小栗旬、星野源が映画「罪の声」で実感した“芝居の醍醐味”とは? 

    小栗旬、星野源が映画「罪の声」で実感した“芝居の醍醐味”とは? 

    週刊朝日

    11/9

    A.B.C-ZがAERAの表紙に登場!/小栗旬×星野源×塩田武士の「罪の声」鼎談も掲載

    A.B.C-ZがAERAの表紙に登場!/小栗旬×星野源×塩田武士の「罪の声」鼎談も掲載

    10/23

  • 【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の"その後"を描いた力作

    BOOKSTAND

    3/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す