上白石萌音、ライブ失敗で大泣き…「音楽は楽しいだけじゃない」トラウマになった出来事を語る (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上白石萌音、ライブ失敗で大泣き…「音楽は楽しいだけじゃない」トラウマになった出来事を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井直樹AERA
上白石萌音(かみしらいし・もね)/1998年、鹿児島県生まれ。2011年デビュー。主な出演作に映画「舞妓はレディ」(14年)、「君の名は。」(16年)、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(20年)など。8月26日に初のオリジナルフルアルバム「note」をリリース。9月19日には初のオンラインライブ「i note」も開催予定(撮影/写真部・掛 祥葉子)

上白石萌音(かみしらいし・もね)/1998年、鹿児島県生まれ。2011年デビュー。主な出演作に映画「舞妓はレディ」(14年)、「君の名は。」(16年)、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(20年)など。8月26日に初のオリジナルフルアルバム「note」をリリース。9月19日には初のオンラインライブ「i note」も開催予定(撮影/写真部・掛 祥葉子)

 上白石萌音による新アルバム「note」が8月26日にリリースされた。YUKIや野田洋次郎(RADWIMPS)、内澤崇仁(androp)、水野良樹(いきものがかり)といったアーティスト陣が手掛ける計10曲が収録された、豪華な1枚だ。AERA 2020年9月7日号に掲載された記事で、芝居と音楽への向き合い方について話を聞いた。

【写真】上白石さんが大ヒットドラマで共演したイケメン俳優といえば…

*  *  *
上白石萌音(以下、上白石):お芝居って、歌よりも正解がわからない。正しい音程やリズムがあるわけでもない。自分の演技を見るたびに「本当に下手だな」って思うし、これが世に出ちゃうのは怖いなっていう思いが強いんです。でも音楽に関しては、怖いなという気持ちもありながら、やっぱり楽しみのほうが強い。

 それに、ずっとライブで歌っていけるし、この仕事を辞めたとしても、きっとわが子に歌います(笑)。繰り返し向き合っていける喜びが音楽にはあります。

 そもそも上白石にとって歌は、幼少の頃から「大好きなもの」であり「自分が楽しむためのもの」だった。それが「人に聞かせるもの」へと意識が変わった瞬間のことを今も鮮明に覚えているという。

上白石:CDデビューする前に、青山にある小さなライブハウスで初めてライブをして。その時にピアノの弾き語りをやったんですけど、途中で指が止まって弾けなくなった。歌だけは歌い続けたけど、散々な演奏でした。それが悔しくて大泣きしながら帰って。私にとって音楽に対する初めてのトラウマです。

 それまではただ楽しくて。「舞妓はレディ」やお仕事として歌っている時も「楽しいな」と思いながら歌っていました。それが、バコンって壁にぶち当たって。今思い出しても胸がめちゃくちゃ痛いんですけど、あの瞬間に「音楽をやるって楽しいだけじゃない」って感じました。

 今年、佐藤健が演じる医師に恋する新人ナースを演じたドラマ「恋はつづくよどこまでも」が社会現象とも言える大ヒットを記録。この経験も上白石の心境に大きな変化を及ぼした。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい