「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法

仕事

2020/09/02 08:00

「そこで重要となるのが、デフォルトモードネットワークを活性化させることです」

 これは前出の(3)ぼんやりと考える部分のこと。デフォルトモードネットワークは聞き慣れない言葉だが、21世紀の脳科学の最大の発見の一つだという。

 従来の脳科学では、脳は、何もしないでぼんやりしている時は活動していないと考えられてきた。しかし実は「ぼーっと」している最中、脳は決して活動をやめているわけではなく、内側前頭前野や後部帯状回など、脳内の複数の離れた領域が、同期・協調して働いてネットワークでつながり、活性化していることがわかった。デフォルトモードネットワークを稼働させることで、ひらめきやアイデアが浮かびやすくなり、(2)の熟考機能がフォローされ、記憶力が鍛えられたり、脳の老化が抑えられたりという効果もあるという。

 奥村医師はデフォルトモードネットワークを「我に返る脳機能」と呼ぶが、この時、脳は活動時の15倍ものエネルギーを消費し、それまで蓄積された情報を整理整頓して頭をリフレッシュしてくれるという。ただし、このネットワークは、視覚を遮断した時にしか活性化しない。デジタル画面を眺めていてはフリーズして働かないのだ。そこで奥村医師はこうアドバイスする。

「1日5分でいいので、ぼんやりする時間を作ってほしい。その5分間は、目をつぶる必要はなく、対象物を追いかけず、ぼーっとするだけで大丈夫。パソコンやスマホから完全に離れてメールや電話などの邪魔が入らない環境で、窓の外に目を向け、自然を眺められればさらに効果的です」

(編集部・野村昌二)

AERA 2020年9月7日号より抜粋

AERA (アエラ) 2020年 9/7 号【オンライン脳疲労】

朝日新聞出版

amazon
AERA (アエラ) 2020年 9/7 号【オンライン脳疲労】
1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 関ジャニ∞の大倉忠義さんが単独でAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花

    関ジャニ∞の大倉忠義さんが単独でAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花

    8/31

    コロナ「巣ごもり」スマホ漬けが脳を壊す! 依存症のリスク

    コロナ「巣ごもり」スマホ漬けが脳を壊す! 依存症のリスク

    週刊朝日

    4/24

  • オンライン疲れに負けないための「脳トレ」のすすめ 「頭を洗いながらしりとり」も有効

    オンライン疲れに負けないための「脳トレ」のすすめ 「頭を洗いながらしりとり」も有効

    AERA

    9/2

    寝ても疲れがとれない「デジタル時差ボケ」急増…合計1日8時間以上、90分以上連続使用など要因に

    寝ても疲れがとれない「デジタル時差ボケ」急増…合計1日8時間以上、90分以上連続使用など要因に

    AERA

    9/3

  • 「星のや軽井沢」の“脱デジタル滞在プラン”を体験してみた!

    「星のや軽井沢」の“脱デジタル滞在プラン”を体験してみた!

    dot.

    5/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す