「消毒しない」「旅行したがる」能天気な夫…妻との“コロナの意識差”で家庭不和に (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「消毒しない」「旅行したがる」能天気な夫…妻との“コロナの意識差”で家庭不和に

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村昌二AERA#新型コロナウイルス
AERA 2020年8月31日号より

AERA 2020年8月31日号より

 新型コロナは感染リスクだけでなく、家庭内での軋轢や不和を引き起こしている。AERA 2020年8月31日号は、夫と価値観や意識が異なり苦悩する妻の声を聞いた。

【写真】1LDKで妻が感染、乗り切った芸人はこちら

*  *  *
 能天気な夫(42)の一言にカチンときた。

「国がやるくらいなんだから、感染の心配はもうないだろう?」

 7月下旬、政府が始めた観光支援策「GoTo トラベル」。北海道が好きな夫は「お得」なこのキャンペーンが始まるのを知り、妻である女性(44)に北海道への家族旅行を提案してきたのだ。

 テレビでは連日のように感染拡大が報じられているのに、どうして「心配ない」などと言えるの──。女性は夫に、行くなら一人で行ってほしい、でもその時は戻ってきても2週間は自宅に帰らずホテルなどで過ごしてから帰宅してほしいと伝えた。すると夫は感情を爆発させ、自分がいかに我慢しているかを話した。結局、旅行には行かなかったが、しばらく口を利かなくなったという。

 こんないざこざは、初めてではない。新型コロナウイルスに関しては、一事が万事こんな調子だ。

 女性は新型コロナに対して恐怖を感じ「危機意識を強めに持っている」が、夫は「どこか自分とは関係ないこと」と思っている。この考え方の違いによる衝突は3月後半ごろから始まり、やがて家庭内に不協和音が流れ始めた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい