在宅と出社が混在「まだらテレワーク」が新たな問題に 若年層に評価面やキャリアに不安感

新型コロナウイルス

2020/07/29 08:00

 緊急事態宣言の解除後、テレワークが減少したことで在宅勤務と出社する社員が混在。一斉でのテレワークよりも、評価やキャリア面での不安が高まっている。AERA 2020年8月3日号で掲載された記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 出社とテレワーク混在「まだらテレワーク」に課題 「評価格差」や「女性に在宅勤務偏り」懸念も

    出社とテレワーク混在「まだらテレワーク」に課題 「評価格差」や「女性に在宅勤務偏り」懸念も

    AERA

    6/18

    コロナ禍だけで在宅勤務「生産性下がる」は早計 平時には「効率向上」「退職率半減」に成果

    コロナ禍だけで在宅勤務「生産性下がる」は早計 平時には「効率向上」「退職率半減」に成果

    AERA

    7/29

  • リモートワークでオフィススペース相次ぐ解約 空前の借り手市場に 

    リモートワークでオフィススペース相次ぐ解約 空前の借り手市場に 

    週刊朝日

    6/2

    クルーズ船の内実をYouTubeで訴えた岩田健太郎医師と内田樹さんの対談がAERAで実現!緊急事態宣言の「次」のシナリオを語る…

    クルーズ船の内実をYouTubeで訴えた岩田健太郎医師と内田樹さんの対談がAERAで実現!緊急事態宣言の「次」のシナリオを語る…

    4/10

  • 社員は在宅勤務なのに派遣は出社「消毒液あまり使うな」の指示 コロナ禍の職場「分断」

    社員は在宅勤務なのに派遣は出社「消毒液あまり使うな」の指示 コロナ禍の職場「分断」

    AERA

    4/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す