コロナ禍で増える「趣味や生活を守る」寄付 なじみのない人も「みんながダメージ実感」し行動へ

新型コロナウイルス

2020/06/22 09:00

 新型コロナウイルスの流行は、日本の寄付市場に大きなうねりをもたらした。これまでなじみのなかった人が寄付に取り組んだり、新しい形が生まれたりしている。自分が大切にする価値観に基づく寄付だ。AERA 2020年6月22日号で掲載された記事から。

あわせて読みたい

  • 給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?

    給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?

    AERA

    6/22

    社会を変える新たな仕組み「クラウドファンディング」って何?

    社会を変える新たな仕組み「クラウドファンディング」って何?

    dot.

    4/9

  • 返礼品なしの寄付が2.4倍に! 「ふるさと納税」にコロナの影響

    返礼品なしの寄付が2.4倍に! 「ふるさと納税」にコロナの影響

    週刊朝日

    12/12

    ゆたぼんが100万クラファン支援の男性にお礼 「学ぶ機会を放棄していいの」と教諭

    ゆたぼんが100万クラファン支援の男性にお礼 「学ぶ機会を放棄していいの」と教諭

    dot.

    2/12

  • 雑誌の図書館「大宅文庫」の危機に反応した著名人たち

    雑誌の図書館「大宅文庫」の危機に反応した著名人たち

    AERA

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す