「自宅にこもって仕事」は避難所並みの血栓症リスク 自宅時間が長い人がすべき「3つの予防法」

新型コロナウイルス

2020/06/12 08:00

 新型コロナウイルスの重症化の要因の一つに血栓があることがわかってきた。血栓は肺塞栓症や脳梗塞など命にかかわる病気につながる。コロナ禍で定着したリモートワークによる運動不足も指摘され、私たちはいま、二重の意味で血栓リスクにさらされている。カギを握るのは血流対策だ。AERA 2020年6月15日号から。

あわせて読みたい

  • 新型コロナの重症患者30%に「血栓」 突然死に肺塞栓症合併の疑い

    新型コロナの重症患者30%に「血栓」 突然死に肺塞栓症合併の疑い

    AERA

    6/12

    予防法広まらず 車内でも起きる「エコノミークラス症候群」とは?

    予防法広まらず 車内でも起きる「エコノミークラス症候群」とは?

    週刊朝日

    3/16

  • 「下肢静脈瘤」危険度チェック! “第二の心臓”ふくらはぎを鍛えよ

    「下肢静脈瘤」危険度チェック! “第二の心臓”ふくらはぎを鍛えよ

    週刊朝日

    7/31

    エコノミー症候群、心筋症…震災関連死を防ぐには

    エコノミー症候群、心筋症…震災関連死を防ぐには

    週刊朝日

    4/27

  • 温かい食事が当然の海外と雲泥の差…日本の“避難所”事情 海外避難所では不可欠な「TKB」とは?

    温かい食事が当然の海外と雲泥の差…日本の“避難所”事情 海外避難所では不可欠な「TKB」とは?

    AERA

    10/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す