聴覚障害者、FAXで病院に相談も「電話で相談して」 コロナ禍で障害者が直面する困難

新型コロナウイルス

2020/06/08 09:00

 多くの人の生活を変化させた新型コロナウイルス。中でも視覚や聴覚に障害のある人々の生活には、大きな影響を与えている。AERA 2020年6月8日号では、障害を抱える人たちのコロナ禍の生活に迫った。

あわせて読みたい

  • 視覚障害の女性、コロナ禍の「Zoom」で“対等なつながり”に喜びと安心感

    視覚障害の女性、コロナ禍の「Zoom」で“対等なつながり”に喜びと安心感

    AERA

    6/8

    がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    AERA

    5/17

  • 「CODA」の監督が撮った 「ろう」の夫婦の音のある生活

    「CODA」の監督が撮った 「ろう」の夫婦の音のある生活

    AERA

    6/17

    小島慶子「多様性を体験できる、唯一無二の“ミュージアム”を守りたい」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「多様性を体験できる、唯一無二の“ミュージアム”を守りたい」

    AERA

    3/27

  • 「新型コロナ」感染リスクでオンライン医療相談が増加 内容は“予防策”

    「新型コロナ」感染リスクでオンライン医療相談が増加 内容は“予防策”

    週刊朝日

    4/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す