糸井重里「自分が動かない代わりに誰かが動いている」コロナ禍で問われる感謝の想像力

新型コロナウイルス

2020/05/07 11:30

 新型コロナウイルスへの不安や恐怖に縛られていると、何も見えなくなってしまう。大切なのは感謝の気持ちを忘れないことだ。AERA 2020年5月4日-11日号は「新型コロナ50人の提言」を特集。コピーライターで「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰の糸井重里さんが語る。

あわせて読みたい

  • 「ほぼ日手帳」幼稚園児から80代まで愛用 開発の背景

    「ほぼ日手帳」幼稚園児から80代まで愛用 開発の背景

    AERA

    12/10

    “いい人”かどうか 「ほぼ日」糸井重里が人を選ぶ基準

    “いい人”かどうか 「ほぼ日」糸井重里が人を選ぶ基準

    週刊朝日

    11/24

  • すいません、ほぼ日の経営。

    すいません、ほぼ日の経営。

    週刊朝日

    12/6

    宮沢りえ×糸井重里対談「試練という栄養。」 フルバージョンも話題沸騰!

    宮沢りえ×糸井重里対談「試練という栄養。」 フルバージョンも話題沸騰!

    dot.

    11/9

  • タモリにマツコ…40代が「大丈夫」と言って欲しい人は

    タモリにマツコ…40代が「大丈夫」と言って欲しい人は

    AERA

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す