岩田健太郎×内田樹 日本のコロナ対応の遅さは「“最悪の事態”想定しないから」

内田樹

2020/04/15 08:00

 前例なき緊急事態宣言が打ち出された長い夜。ウイルスとの闘いは次なるフェーズへと移った。宣言から遡ること4日前──神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授が、本誌コラムニストの思想家・内田樹氏とAERA2020年4月20日号で緊急対談した。その中から、ここでは「外出自粛の要請」までに時間がかかった政府の対応について論じる。

あわせて読みたい

  • 岩田健太郎医師「ロックダウンと言い続けた理由」 内田樹との対談で明かしたコロナ対策の実情

    岩田健太郎医師「ロックダウンと言い続けた理由」 内田樹との対談で明かしたコロナ対策の実情

    AERA

    4/11

    岩田健太郎医師「この失敗は感染症の教科書で語り継がれる」 3密クルーズ船の“なぜ”

    岩田健太郎医師「この失敗は感染症の教科書で語り継がれる」 3密クルーズ船の“なぜ”

    AERA

    4/16

  • 内田樹「コロナと共生する社会」 岩田健太郎医師と語ったウイルスと人類

    内田樹「コロナと共生する社会」 岩田健太郎医師と語ったウイルスと人類

    AERA

    4/17

    福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」

    AERA

    4/2

  • マスクブローカーが暴露「世界的争奪戦に敗れる日本政府」の実情 「供給増」はウソだ!

    マスクブローカーが暴露「世界的争奪戦に敗れる日本政府」の実情 「供給増」はウソだ!

    AERA

    4/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す