乙武洋匡、騒動後の挑戦 「スーパーハードモードで人生始まっちゃってるんで」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乙武洋匡、騒動後の挑戦 「スーパーハードモードで人生始まっちゃってるんで」

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲宇佐ゆりAERA#読書
乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)/1976年、東京都生まれ。98年、早稲田大学在学中に書いた『五体不満足』が600万部のベストセラーに。卒業後はスポーツライター、小学校教諭などを務めた。著書に『車輪の上』など(撮影/写真部・掛祥葉子)

乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)/1976年、東京都生まれ。98年、早稲田大学在学中に書いた『五体不満足』が600万部のベストセラーに。卒業後はスポーツライター、小学校教諭などを務めた。著書に『車輪の上』など(撮影/写真部・掛祥葉子)

「こんなんで歩けるはずがない。もう無理と絶望しました」

 それでも、くやしさと使命感をバネに挑戦を続けた。ビルの階段を30階まで上がって太ももを鍛えた。練習が終わると精根尽き果てた。

 本書はそんな苦闘の日々、10メートル歩けたときの涙など自身の体験に加えて、理学療法士、義肢装具士らプロジェクトメンバーの横顔、最新の義足事情、そして人間の歩行がいかに精緻な仕組みであるかも教えてくれる。

 現在もトレーニングを続ける乙武さんは、右左に曲がれるようになってきたとうれしそうに話す。コラムを書き、テレビやラジオに出演し、講演する日常も戻りつつある。本人曰く「社会的死」を迎えて海外に出たときはメルボルンが気に入り移住も考えた。

「この上なく快適な環境だったけど、ここじゃダメなんだと痛感したんです。自分は楽することを求めていない。ゲームで言うと生まれた瞬間スーパーハードモードで人生始まっちゃってるんで、何か課題に取り組んでいないと充実感がないのかもしれません」

(ライター・仲宇佐ゆり)

AERA 2019年12月2日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい