広島県が高校入試改革に着手 教育研究家「他の都道府県でも見直しを期待」

AERAオンライン限定

2019/10/11 08:00

 高校入試に影響を与える「内申書」。そのあり方をめぐって、中学生の子を持つ親や、教師から様々な声があがっている。AERA 2019年10月14日号では内申制度について特集。広島県などではその活用法を見直す動きも出ている。ここでは教育研究家の妹尾昌俊さんに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

    内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

    AERA

    10/11

    “ブラック校則”誕生背景に「小さな乱れ」への不安…教員たちが明かす内情

    “ブラック校則”誕生背景に「小さな乱れ」への不安…教員たちが明かす内情

    AERA

    9/8

  • 教員採用試験の倍率低下 「教員の質」問うより熱量低下が疑問?

    教員採用試験の倍率低下 「教員の質」問うより熱量低下が疑問?

    AERA

    3/13

    小学校教員採用倍率が過去最低「2.7倍」の衝撃 「教職の魅力を理解してもらうことが大切」

    小学校教員採用倍率が過去最低「2.7倍」の衝撃 「教職の魅力を理解してもらうことが大切」

    AERA

    3/12

  • #先生死ぬかも…SNSで教師が悲鳴 オンライン授業で負担増「これ以上は地獄」

    #先生死ぬかも…SNSで教師が悲鳴 オンライン授業で負担増「これ以上は地獄」

    AERA

    9/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す