世界で最もクールな書店「誠品」が台湾から上陸 日本の建築シーンにも「中華の風」?

2019/10/12 17:00

 世界から注目される台湾の書店「誠品」。東京・日本橋に進出した1号店には、「のれん」があしらわれている。来日した建築家に、デザインに込めた思いを聞いた。AERA 2019年10月14日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 10月25日は台湾「光復節」。美麗島・台湾の歴史と今

    10月25日は台湾「光復節」。美麗島・台湾の歴史と今

    tenki.jp

    10/25

    【2/24(月・祝)・29(土)】『暗渠パラダイス!』刊行記念イベント開催

    【2/24(月・祝)・29(土)】『暗渠パラダイス!』刊行記念イベント開催

    2/7

  • 『わたし、定時で帰ります。』の作者・朱野帰子 4歳で衝撃を受けた父の言葉<現代の肖像>

    『わたし、定時で帰ります。』の作者・朱野帰子 4歳で衝撃を受けた父の言葉<現代の肖像>

    AERA

    1/27

    日本橋兜町、建築家デザインユニット監修のホテルや先鋭的バーにビストロ グレーの町に北欧の彩り

    日本橋兜町、建築家デザインユニット監修のホテルや先鋭的バーにビストロ グレーの町に北欧の彩り

    AERA

    12/1

  • 横浜赤レンガ倉庫がモデルに 台湾で愛される「日本レトロ建築」

    横浜赤レンガ倉庫がモデルに 台湾で愛される「日本レトロ建築」

    週刊朝日

    5/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す