「うつはいつか抜けていく」40代男性の仕事復帰に焦らない思考法

ヘルス

2019/10/11 07:00

 回復期にある人にとって、復帰を阻むのは、社会の側のうつ病の理解の乏しさだ。ネガティブな情報が氾濫しているからだ。うつ病になったらその人は「四六時中、状態が落ちている」といった誤解もある。AERA 2019年10月14日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 6月号NPO法人メンタルレスキュー協会理事長 下園壮太 Shimozono Soutaうつは必ず治る。始めよう、あなたの自信回復作戦!

    6月号NPO法人メンタルレスキュー協会理事長 下園壮太 Shimozono Soutaうつは必ず治る。始めよう、あなたの自信回復作戦!

    6/1

    うつ抜けには焦らずじっくりが近道! 医師提唱の思考法「田んぼ理論」とは?

    うつ抜けには焦らずじっくりが近道! 医師提唱の思考法「田んぼ理論」とは?

    AERA

    10/10

  • ネプ名倉、ナイナイ岡村 心を病む芸人たちが増えている今どきの事情

    ネプ名倉、ナイナイ岡村 心を病む芸人たちが増えている今どきの事情

    dot.

    11/4

    「うつ病ですね」 ごっそりこけた頬にポロポロと涙が…55歳男性の壮絶人生

    「うつ病ですね」 ごっそりこけた頬にポロポロと涙が…55歳男性の壮絶人生

    AERA

    10/6

  • 20~30代前半の若者に多い「新型うつ病」は遊びの時に症状が軽いのがクセモノ

    20~30代前半の若者に多い「新型うつ病」は遊びの時に症状が軽いのがクセモノ

    週刊朝日

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す