チーズケーキの失敗作が、軽やかな口あたりのチーズプディングに (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チーズケーキの失敗作が、軽やかな口あたりのチーズプディングに

連載「子どもの自立心は料理で育つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
武田昌美AERA#AERAオンライン限定
料理教室のひとコマ。子どもたちはみんな夢中です

料理教室のひとコマ。子どもたちはみんな夢中です

完成したチーズケーキ。牛乳を多めにいれると、プディングふうになります

完成したチーズケーキ。牛乳を多めにいれると、プディングふうになります

 子どものための料理教室「リトルシェフクッキング」代表の武田昌美さんが、子どもと料理を楽しむコツや、レシピを紹介します。忙しい毎日のなかで、小さな子どもと料理をするのは大変そうですし、安全面も心配です。でも、コツさえつかめば大丈夫。親子のコミュニケーションにもなるし、親の知らない子どもの才能をのばすきっかけになります。なにより、一緒に作った料理は格別ですよ。

【写真】完成したチーズケーキはこんなにおいしそう!

*  *  *
 私は2歳から6歳までの子どもを対象にしたお料理教室「リトルシェフクッキング」を運営しています。その日はチーズケーキを作る日で、8人の子どもたちがレッスンを受けていました。親御さんたちもいらしていましたが、皆さん手も口も出さず、子どもたちを見守っています。

「ケーキ作り」というと難しく感じるかもしれませんが、子どもレシピなので作り方はとってもシンプルです。

■簡単チーズケーキ
<材料>
容量150mのラムカン(ココット)2個分

卵           1個          
薄力粉       大さじ4
クリームチーズ (室温で柔らかくする) 50g
砂糖             大さじ3
ヨーグルト           大さじ2
牛乳          大さじ3
レモン汁             小さじ2

<作り方>    
1.卵をボウルに割り入れ、泡だて器でかき混ぜる。   
2.柔らかくなったクリームチーズを泡だて器でマヨネーズ状になるまで混ぜたら、砂糖を加え、すり混ぜる。さらにヨーグルト、牛乳を加えて全体が滑らかになるまで良くかき混ぜる   
3.2.に少しずつ1.の溶き卵を加えて全体が混ざるまでかき混ぜ、レモン汁を加えて混ぜる
4.3.に薄力粉を入れて粉っぽさが無くなるまで泡立て器で混ぜる    
5.ラムカンの7分目まで生地を流し入れる    
6.180度に予熱したオーブンで20分加熱する  
7.粗熱が取れたら、冷蔵庫で2時間程冷やす

 家で作る場合は、親御さんがあらかじめ材料を測っておいてあげるといいでしょう。子どもにとってちょっぴり難しいポイントは、溶き卵をクリームチーズのボウルの方に少しずつ加えていく3.の手順。ここは、
「さらさらした卵を、ドロドロしたクリームに一気に入れたら喧嘩しちゃうね。だから少しずつ仲良くなってもらおうか」
と言った具合に説明すると、子どもも納得してゆっくり少しずつ混ぜてくれます。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい