飼育中のダンゴムシを襲った悲劇… 新発見!チーズとチョコが好み (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

飼育中のダンゴムシを襲った悲劇… 新発見!チーズとチョコが好み

連載「探究堂日記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文AERA#AERAオンライン限定
四隅にかつおぶしやチーズを置いて実験。ダンゴムシはどれが好き?(写真/筆者提供)

四隅にかつおぶしやチーズを置いて実験。ダンゴムシはどれが好き?(写真/筆者提供)

特製のコースでダンゴムシレース。頑張れ、丸まってる場合じゃないぞ!(写真/筆者提供)

特製のコースでダンゴムシレース。頑張れ、丸まってる場合じゃないぞ!(写真/筆者提供)

 夏休み明けからダンゴムシ探究に取り組み始めたぷれりか(幼児)クラス。授業のはじめに各自の飼育状況の報告を行うことが最近の恒例となってきました。

「葉っぱはやっぱり好きみたい。ダンゴムシが集まってたし」

「暗いところにずっと置いてたら、土の中から出てきてたよ!」

「(エサとして)梨の皮をあげてみたで。あんまり食べへんかったけど」

 そんな中、いつも元気いっぱいの女の子が少し伏し目がちな様子でつぶやきます。

「干からびて全部死んじゃってん……」

 詳しく話を聞いてみると、うっかり日当たりの良い場所に容器を置きっぱなしにしてしまったとのこと。

 土はからっからに乾燥しており、これではとても生き物が暮らしていけそうにありません。(ダンゴムシさん、ごめんなさい。)

 何より本人がとても残念そうな表情を浮かべていました。

 うまくいったことだけでなく、うまくいかなかったことも含めてすべてが学び。それぞれの発見や体験を持ち寄ることで、ダンゴムシに関する知識がより豊かになっていきます。

 今回のプロジェクトではダンゴムシの生態に迫るべく、さまざまな実験をしてきました。

 ある日の授業では、ダンゴムシの動きをじっくり観察するためにダンゴムシレースを開催しました。

 レースには同心円を描いた特製レース場を用います。円の中心からスタートし、どのダンゴムシが一番早く大外の線を越えるかを競います。

【大盛り上がりのダンゴムシレースの様子はこちら】

 とは言え、ダンゴムシはこちらの思い通りには動いてくれません。キャップの中でひっくり返っていたり、スタートの直前に丸まってしまったり。

 ハプニング続出のなか、自分の選んだダンゴムシを真剣に応援する子どもたちの姿が印象的でした。

 落ち葉や枯れ葉が大好物だということは知ってるけど、他には何を食べるんだろう?

 ある日の授業ではその疑問を解決すべく、食べ物実験を行いました。

 まずはじめに用意したのは、きゅうり、トマト、チーズ、かつおぶしです。

「チーズ、食べた~~い!」

 私が実験に使う食材を紹介すると、誰からともなく声があがります。

 その正直すぎる反応に、授業に一緒に参加する保護者の方も思わず笑みがこぼれます。

 実験では平たいプラスチック容器の四隅に食材を配置し、容器内にダンゴムシを数匹放してみました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい