「35歳限界説」はもはや過去 転職で「就職氷河期世代」が積極採用のワケ

就活

2019/09/26 08:00

 異業界・異業種の人材を積極的に中途採用する企業が増えている。今、企業が求めている人材とは。AERA 2019年9月30日号(9月21日発売)に掲載された特集「転職の新常識」から、注目を集める人物像を解説する。

あわせて読みたい

  • SNS上でZOZO社員の獲得合戦!? ソーシャルなど転職採用「四つのS」とは?

    SNS上でZOZO社員の獲得合戦!? ソーシャルなど転職採用「四つのS」とは?

    AERA

    9/25

    「大阪のおばちゃん」的スキルが重宝? 令和時代の「カタカナ新職種」とは?

    「大阪のおばちゃん」的スキルが重宝? 令和時代の「カタカナ新職種」とは?

    AERA

    9/27

  • 管理職として選ばれるのはどっち? 勤続15年大手社員VS転職歴3回ベンチャー社員

    管理職として選ばれるのはどっち? 勤続15年大手社員VS転職歴3回ベンチャー社員

    AERA

    5/16

    40代からの転職 地方企業が「適所」にも

    40代からの転職 地方企業が「適所」にも

    AERA

    2/13

  • 40代以降の転職のカギ「名刺複数枚持ち」とは?

    40代以降の転職のカギ「名刺複数枚持ち」とは?

    AERA

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す