夏休みの教員研修で見えた、プログラミング教育推進の意外な壁とは? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏休みの教員研修で見えた、プログラミング教育推進の意外な壁とは?

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

研修会の様子。どの先生も真剣そのもの

研修会の様子。どの先生も真剣そのもの

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となった。小学校プログラミング教育必修化まで半年と迫ったこの夏休み、普段よりさらに忙しく全国を飛び回った。

【研修会では、どの先生も真剣そのもの…】

*  *  *
 夏休みが終わった。実は先生方は夏休みといってもなかなか休める日がないのが現状である。夏休みは授業がない「休業日」であるが、夏休みも出勤を求められる「勤務日」と扱われているので当然出勤しなければならない。

 昨今の働き方改革の動きもあり、お盆の期間は「学校閉庁」と称し、警備員の方以外、誰もいない日が設定されているが、時間に余裕がある夏休みは多くの研修が組まれることが多い。プログラミング教育必修化を半年後に控えたこの夏休みは、プログラミングに関する研修会は各地で真っ盛りであった。

 というわけで、私も大忙しの夏であった。12の自治体で研修会を開催し、のべ約500名の先生方とお会いした。

 弊法人であるNPO法人「みんなのコード」には、私と同様の教員研修会の指導講師が3人いるが、皆全国を飛びまわっていて3人が揃ったのはお盆期間中の数えるほどであった。

 3人のこの夏の研修先を見ると、南は沖縄県石垣市、北は北海道の釧路市、もちろん九州・四国にも訪問している。

 私1人でも、夏休みの移動距離が15000キロに及び、深夜バスを利用して研修当日の早朝到着、ということもあった(到着後の24時間スパは快感であったが、正直病みつきにはなりたくない……)。

 教員の研修会は、大きく「悉皆(しっかい)研修」と「選択研修」の二つがある。「悉皆研修」は聞き慣れない言葉だろうが、「悉皆」とは残らずという意味があり、換言すれば、必ず参加しなくてはならない研修である。一方「選択研修」は、先生自身の希望により申し込む研修である。このように参加背景に大きな違いがあり、悉皆研修の場合は不本意ながら参加しているため前向きでない先生もいる。対して選択研修は自身の力量形成も考えた参加なので、比較的、受講姿勢に積極性がある。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい