菊池風磨が「ハムレット」で舞台初主演「今までの自分をボキッと折るチャンス」

大道絵里子AERA
 シェイクスピア悲劇の最高峰「ハムレット」。父を殺され、復讐に燃える主人公を演じるのは、Sexy Zoneの菊池風磨だ。初主演舞台で古典の名作に取り組む思いとは──。

*  *  *
──初主演舞台がこの作品だと聞いた時はいかがでした?

 素直に驚きました。舞台をやりたい思いはあったんですけど、古典作品をやらせていただけるとは思ってなかったので、意表を突かれた感じですね。「僕!?」という驚きが強かった(笑)。映像のお芝居と演劇のお芝居ってまた違うじゃないですか。ましてやシェイクスピア劇で……僕にできるのかなぁ、と。喜びとかプレッシャーはまたそのあとのような気がします。

──今までのやり方が通用しない場だな、ということ?

 そう。正直、今までドラマとかでやらせていただいた役は、ほとんど、自分に寄せて演じてきました。でも今回はそうはいかない。完全にハムレットに寄せなくてはいけないので……。でも、自分がもっと成長するためには、どっかでボキッと折ってもらわないとダメだなって気がしていたんです。絶好のタイミングで折れる機会を与えていただいたなと思いました。

──演出家の森新太郎さんからは何か言われましたか。

 とにかく若いハムレットを若いチームで作りたい、と。「そのために風磨とはガッツリ向き合っていきたい」とおっしゃっていただいて。最初はうわぁっと思いました(笑)。でも、いざ稽古に入ると、もっとガンガン指導してほしいし、なにか言われても絶対に対応してやる、という気持ちになってきて。本当に舞台に関しては初心者なので、みなさんの胸を借りて頑張っていきたいとは思っています。とはいえ甘えたくはない。まぁまぁ初心者だから、このくらいでしょうがないよね、みたいな見方をされたくないなと思っています。

──お客さんが観た段階で、ということですか?

 いや、もちろんお客さんにもだけど、森さんやほかのキャストのみなさん、スタッフさんたちにも。諦められたくないというか……ナメられたくない(笑)。負けず嫌いなんです。最初はボキッと折られても、最終的にはしっかり太く成長していたいので。

──稽古はどんなふうに進んでいるのですか?

 初めの1週間、本読みをやりました。「ハムレット」っていろんな解釈の仕方があるので、森さんの解釈をしっかり理解する時間を作っていただいて。立ち稽古が始まってからは、人物の心の動きに対する解釈のすり合わせをしている感じですね。まずは台本を読んで、僕が自由に動いてやってみる。それに対して森さんから「ここはこういう気持ちだから、ホントはこう動くんじゃない?」と。その指摘は僕が考えた解釈とはまったく違う角度から来ることもよくあって。でも、言われてみたらすごく納得できるんですよ。修正していくと見え方もガラッと変わる。その手応えを感じるから、すごく大変ですけど、そのぶん楽しいです。これってなんか懐かしい感覚だなぁと。思えばジャニーさんが作るライブに似てるんですよね。ジャニーさんの指摘で見え方がガラッと変わる。時にはゲネ(プロ)で変えてくることもあって。だから、僕はその対応力には自信があるんです。森さんに言われたことを咀嚼しつつ、常に柔軟に対応して進化していきたいと思ってます。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック