敗者として再び甲子園に伝説を刻んだ星稜 選手らの涙に込められた思い

2019/08/27 11:30

 今年も全国をわかせた全国高等学校野球選手権大会。決勝戦で戦った履正社(大阪)と星稜(石川)の一線を、ノンフィクションライター・柳川悠二が振り返る。

あわせて読みたい

  • 「必笑」を掲げた奥川恭伸ら星稜がよく泣いた理由

    「必笑」を掲げた奥川恭伸ら星稜がよく泣いた理由

    週刊朝日

    8/22

    春のセンバツ注目は? 150キロ右腕の星稜・奥川に後は…

    春のセンバツ注目は? 150キロ右腕の星稜・奥川に後は…

    週刊朝日

    3/21

  • 佐々木も西も手ぐすね 甲子園で戦った「令和の怪物」たち、次なる舞台はU-18W杯

    佐々木も西も手ぐすね 甲子園で戦った「令和の怪物」たち、次なる舞台はU-18W杯

    AERA

    8/27

    「星稜・奥川と大船渡・佐々木は飛び抜けている」メジャーも熱視線  ドラフト1位はどちらに?

    「星稜・奥川と大船渡・佐々木は飛び抜けている」メジャーも熱視線  ドラフト1位はどちらに?

    週刊朝日

    8/27

  • 東邦の石川、星稜の奥川、横浜の及川、智弁和歌山の東妻 夏の甲子園は戦国時代

    東邦の石川、星稜の奥川、横浜の及川、智弁和歌山の東妻 夏の甲子園は戦国時代

    週刊朝日

    4/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す