フジロックは角銅真実に注目! オリジナル・ラヴ、cero、原田知世などから引っ張りだこの理由 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フジロックは角銅真実に注目! オリジナル・ラヴ、cero、原田知世などから引っ張りだこの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡村詩野AERA#AERAオンライン限定
角銅真実(c)FUJI ROCK FESTIVAL '19

角銅真実(c)FUJI ROCK FESTIVAL '19

 昨年発表されたセカンドアルバム「Ya Chaika」は、フリー・ジャズ、アンビエント・フォーク、現代音楽などの要素を柔軟に崩しながら取り入れた力作だが、決して敷居が高くないのが彼女の良さ。自由自在な音作りの発想は、もちろん正確な計算に基づいているのだろうが、一方でひらめきや本能に素直に従っているのでは?と思える瞬間もあったり、曲によってはまるで子守歌のようにさえ聴こえたり……と、全く異なる表情を見せてくれる。

 音だけではなく言葉、歌詞においても新たな表現を追い求めている角銅真実。音楽を楽しむにはこんな聴き方、楽しみ方もあったんだと気づかせてくれる彼女は、フジロック初日の木道亭で、一体どんなパフォーマンスを観せるのだろうか。(文/岡村詩野)

※AERAオンライン限定


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい