10代ベトナム人「働きたい国」日本ではなく韓国のワケ

2019/07/27 17:00

 ベトナム人技能実習生は、現地の送り出し機関に多額の手数料を払う形で、日本側の機関や団体の接待や裏金までも負担している。ゆえに、他国に比べて日本で働くことは、お金がかかり過ぎるのが現状だ。そんな中、若年層のベトナム人たちは韓国への関心を高めているという。一体なぜなのか。ジャーナリスト・澤田晃宏氏がリポートする。

あわせて読みたい

  • 失踪者も旅行者もウェルカム! 特定技能のなりふり構わぬ条件緩和がもたらすものは?

    失踪者も旅行者もウェルカム! 特定技能のなりふり構わぬ条件緩和がもたらすものは?

    AERA

    2/18

    「特定技能外国人」が日本に来ないワケ

    「特定技能外国人」が日本に来ないワケ

    週刊朝日

    11/25

  • 技能実習生の「失踪」が過去最多に 背景に過酷な経済状況

    技能実習生の「失踪」が過去最多に 背景に過酷な経済状況

    AERA

    11/21

    ベトナム人技能実習生「教育施設」の実態 全寮制で外出も制限され…

    ベトナム人技能実習生「教育施設」の実態 全寮制で外出も制限され…

    AERA

    7/19

  • かけ声倒れの「特定技能」 活用低迷に加え中間搾取排除も転職の自由も骨抜き

    かけ声倒れの「特定技能」 活用低迷に加え中間搾取排除も転職の自由も骨抜き

    AERA

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す