内田樹「書物文化を守りたいと思う人にとって、書物は単なる商品ではない」

eyes 内田樹

2019/07/17 07:00

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • “海老名ツタヤ図書館”の内幕 新たな疑惑に市民が激怒

    “海老名ツタヤ図書館”の内幕 新たな疑惑に市民が激怒

    週刊朝日

    10/7

    内田樹に聞く「脱都市」の潮流「なぜいま地方に移り住むのか」

    内田樹に聞く「脱都市」の潮流「なぜいま地方に移り住むのか」

    AERA

    10/8

  • 社会学と建築学の間で考える、「ひとり空間」の可能性

    社会学と建築学の間で考える、「ひとり空間」の可能性

    AERA

    3/31

    ドジやケチは万国共通 「やさしい日本語落語」で一緒に笑える空間を

    ドジやケチは万国共通 「やさしい日本語落語」で一緒に笑える空間を

    AERA

    2/3

  • 【ニッポンの課長】カルチュア・コンビニエンス・クラブ「新しい図書館のかたち」

    【ニッポンの課長】カルチュア・コンビニエンス・クラブ「新しい図書館のかたち」

    AERA

    12/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す