ダイエットの救世主は「腸内細菌」やせ体質になるための食習慣とは? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ダイエットの救世主は「腸内細菌」やせ体質になるための食習慣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA#ダイエット
※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 ダイエット界で近年注目されているのが、腸内細菌だ。慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科専任講師の入江潤一郎医師はこう説明する。

「食べたものは体内にそのままとり込まれるわけではなく、腸の中で腸内細菌によって分解され、吸収されます」

 たとえば、パンダは笹や竹など、人間から見るとほとんどエネルギーにならないようなものばかり食べているが筋肉質。これはパンダが竹や笹に含まれる植物繊維のセルロースを腸内細菌の働きでエネルギー源に変えているから。

「腸内細菌がどのように食事を分解するかが、ヒトの肥満に関係していることが最近わかってきました」(入江医師)

 入江医師によると、人の腸の中には約40兆個に及ぶ腸内細菌が存在しているが、人によってその種類や割合は異なる。食事内容や内服薬の影響でも腸内細菌は変化する。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい