都市鉱山は宝の山? 「スマホから純金」廃棄物が金の延べ棒に生まれ変わるまで (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都市鉱山は宝の山? 「スマホから純金」廃棄物が金の延べ棒に生まれ変わるまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
笹吹きを再び溶かして金の延べ棒の型に入れ、刻印。このカットを撮影する約5分の間、持っていたライター伊藤が3回休憩したほどの重み(撮影/写真部・小山幸佑)

笹吹きを再び溶かして金の延べ棒の型に入れ、刻印。このカットを撮影する約5分の間、持っていたライター伊藤が3回休憩したほどの重み(撮影/写真部・小山幸佑)

 この金鉱(工場)の内部を、特別な許可の下に撮影した。リサイクルする回収物は高温の炉で焼かれたり、溶かされたり、強力な酸で液化される。つまり溶解・還元・ろ過を繰り返すことで精錬され、99.99%まで純度を高めていく。こうしてできたビーズ状の金を「笹吹き」と呼び、これを再び溶解して成型・刻印すれば、「金の延べ棒」の出来上がり。

 実際に見ると、「はぁーっ」「おおーっ」という言葉しか出てこない。持たせてもらうと「うわっ」と手が下がり、「重っ」。重さ約12.5キロ(400トロイオンス)の金の延べ棒のお値段は19年6月時点で約6千万円也。これ一つでちょっとした都内新築マンション1軒分だ。

 6月に大手貴金属会社の国内金小売価格は1グラム5千円台に乗った。月々3千円程度から始められる「純金積立」により金は投資初心者からの人気も高いが、この値上がりを受けて金地金を売却する動きも加速。投資としての金に注目が集まる中、現物の金は意外にも身近なものから作られているのだ。(ライター・伊藤忍、編集部・中島晶子)

AERA 2019年7月1日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい