バレエ愛するトランスジェンダーの葛藤描く 実話に基づいたストーリー (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

バレエ愛するトランスジェンダーの葛藤描く 実話に基づいたストーリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
Lukas Dhont/1991年、ベルギー・ヘント生まれ。映画好きの母の影響を受け、「子どもの頃から映画を作りたかった」と映画の道へ。KASKスクールオブアーツ在学中に撮った短編作品が数々の賞に輝く。映画監督として注目を集めるが、俳優もできそうなほどのイケメンだ(撮影/慎芝賢)

Lukas Dhont/1991年、ベルギー・ヘント生まれ。映画好きの母の影響を受け、「子どもの頃から映画を作りたかった」と映画の道へ。KASKスクールオブアーツ在学中に撮った短編作品が数々の賞に輝く。映画監督として注目を集めるが、俳優もできそうなほどのイケメンだ(撮影/慎芝賢)

「Girl/ガール」現役トップダンサー、ビクトール・ポルスターがララを演じる。7月5日から全国順次公開 (c)Menuet 2018

「Girl/ガール」現役トップダンサー、ビクトール・ポルスターがララを演じる。7月5日から全国順次公開 (c)Menuet 2018

「リトル・ダンサー」/発売元・販売元:KADOKAWA、価格1500円+税/DVD発売中 (c)2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy) Ltd.

「リトル・ダンサー」/発売元・販売元:KADOKAWA、価格1500円+税/DVD発売中 (c)2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy) Ltd.

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【映画「Girl/ガール」の場面写真はこちら】

*  *  *
 トランスジェンダーを主人公にした映画は身近になってきたが、ティーンエージャーが主人公となると話は別だ。

 映画「Girl/ガール」は母親代わりにかいがいしく6歳の弟の世話を焼き、親戚が集まれば食事の用意を整える15歳のララが主人公。彼女はどこから見てもすてきな姉だが、実はトランスジェンダー。国内有数のバレエ学校へ試験編入が許された彼女は、血の滲むような厳しいレッスンに耐え、プロのバレリーナを目指しているが……。

 脚本も手掛けたのは、ベルギー出身のルーカス・ドン監督。長編第1作となる本作でカンヌ国際映画祭では新人監督賞など3部門で受賞。アカデミー賞外国語映画賞のベルギー代表となり、ゴールデン・グローブ賞でも外国語映画賞にノミネート、各国で多くの賞に輝く注目の映画監督だ。

 本作の始まりはドン監督が映画学校へ入って間もない2009年、18歳の時に読んだ新聞記事だった。

「(撮りたい映画は)これだ! と思ったんです」

 載っていたのは、バレリーナを目指すノラ・モンセクレールの記事。彼女は生物学的には男性として生まれたが、自分は女性だと確信し、学校側に反対されながらも自身のセクシュアリティーを公表。バレリーナになる夢を貫く意志を持っていた。

「15歳にもかかわらず、彼女は自分で選んだ世界を生きていた。クラシックバレエは男女しかない世界観。それまで規範に合わせて生きていた18歳の僕は、レッテルをはがそうとした彼女に尊敬の念を抱きました」

 ノラの姿勢はかつて、周りの評価を気にして演技や歌などを「女の子っぽい」とやめてしまったドン監督の心に刺さった。ノラに会いたいとすぐに行動を起こしたものの最初は断られ、会うまでに1年かかったと言う。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい