城田優「ビビらず攻めていく」 本番力鍛えた舞台での予期せぬアクシデントとは

古谷ゆう子AERA
 ブロードウェーミュージカル「ピピン」(日本語版公演)で主演を務め、11月公開の舞台「ファントム」では演出まで手がける俳優・城田優さんがAERAに登場。舞台にかける想いを聞いた。

*  *  *
「えー遅くなりました。城田優のインタビュー、よろしくお願いします。よし、これで大丈夫だ」

 取材の席に着くなり、城田優(33)は机の上のICレコーダーに顔を近づけ、そうおどけてみせた。190センチという長身、端正な顔立ち。圧倒的なオーラを前にたじろいでいた心が軽くなる。

 取材中、何度となく腕を広げ、伸びやかな歌声を響かせた。「ロミオ&ジュリエット」でロミオを演じた際、大切なシーンでナイフを客席に落としてしまったこと。ジュリエット役の窮地を予測し、先の歌詞を考え、拾いに行く決断をした瞬間のこと。

「ミュージカルはエンターテインメントのなかで一番難しいと僕は思っていて。お芝居があり、生の歌があり、踊りもある。自分の心情や体調に関係なく、どれだけ落ち込んでいようが、どれだけ悲しいことがあろうが、舞台に出た瞬間からその人物になりきらなければならない」

 ミュージカルからスタートした俳優としてのキャリアは、今年20周年を迎える。この10年、映画やドラマへの出演と並行して、年1回のペースでミュージカルに出演してきた。今年は自身もブロードウェーで観て衝撃を受けたという「ピピン」に主演し、11月から上演される「ファントム」では主演だけでなく、演出も手掛ける。一人の俳優が主演と演出を兼ねるのは、世界でも稀有なケースだ。

「目指しているのは、僕のちょっとした工夫やアイデアが若手クリエーターやスタッフを刺激し、『城田優演出のときは、こうだったよね』『ああしたいよね』と言ってもらえるような舞台を作り上げること。ビビって『これくらいでいいかな』なんて思わずに、攻めていくつもりです」

 語り口は軽やかだが、一言一言はずしりと重い。日本のミュージカルの未来を見据え、その先端を鮮やかに駆け抜ける。(ライター・古谷ゆう子)

AERA 2019年6月17日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック