外食に多いリノール酸の取りすぎに注意 油の上手な付き合い方とは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

外食に多いリノール酸の取りすぎに注意 油の上手な付き合い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
体にいい油を選ぶための重要ポイントは「そのままかけて『生』で食べるか、火を通すか」。加熱でせっかくの成分が激変する油もある(撮影/写真部・東川哲也)

体にいい油を選ぶための重要ポイントは「そのままかけて『生』で食べるか、火を通すか」。加熱でせっかくの成分が激変する油もある(撮影/写真部・東川哲也)

体にいい油ランキング(AERA 2019年4月29日-5月6日合併号より)

体にいい油ランキング(AERA 2019年4月29日-5月6日合併号より)

「魚を食べる習慣が多かった60年代までの日本では、日々の食事の魚と肉の比率が2:1でした。肉食化が進み、12年にはこの比率が逆転し1:5(18~49歳平均)にまで開いています。魚から取れるいい油の栄養素が減っているので、いい油でバランスをとりましょう」(同)

 ランキングの「その他」はリノール酸や、人体で合成できる飽和脂肪酸が多いものなので、健康のために取る油というわけではない(表参照)。しかしバターには独特の甘い香りやうまみがあり、綿実油は香ばしくサクッと揚がることで天ぷら店などで昔から重宝される。栄養面だけで、旨さの満足感を捨てるのはもったいない。取りすぎによる弊害を自覚しつつ、油と上手に付き合っていくことが、飽食の日本でおいしく健康的に生きるための基本ルールだ。(フードライター・浅野陽子、編集部・中島晶子)

AERA 2019年4月26日号-2019年5月6日合併号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい