自死を選んだ天才アレキサンダー・マックイーン、冨永愛が語るその素顔は? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自死を選んだ天才アレキサンダー・マックイーン、冨永愛が語るその素顔は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA
冨永愛(とみなが・あい)/神奈川県生まれ。17歳でNYコレクションデビュー。以後、10年にわたり世界の第一線でトップモデルとして活躍。その後、拠点を東京に移し、テレビやラジオ、イベントパーソナリティーなどとしても活躍中

冨永愛(とみなが・あい)/神奈川県生まれ。17歳でNYコレクションデビュー。以後、10年にわたり世界の第一線でトップモデルとして活躍。その後、拠点を東京に移し、テレビやラジオ、イベントパーソナリティーなどとしても活躍中

映画「マックイーン:モードの反逆児」は全国公開中。本人映像や証言で描くドキュメンタリー (c)Salon Galahad Ltd 2018

映画「マックイーン:モードの反逆児」は全国公開中。本人映像や証言で描くドキュメンタリー (c)Salon Galahad Ltd 2018

 1996年、27歳でジバンシィのデザイナーに抜擢され、40歳で自ら命を絶った天才デザイナー、アレキサンダー・マックイーン。彼に直接、ショーのモデルを依頼された冨永愛さんが語るその素顔とは──。

【映画「マックイーン:モードの反逆児」の場面写真はこちら】

*  *  *
 肌に吸い付くような質感、全身を覆う完璧なシェイプ──アレキサンダー・マックイーンのスーツを着て現れた冨永愛さんに思わず「着やすそうですね」と言うと、

「いやいや!(笑)究極にボディーコンシャスなので、着るのは大変なんです」

 と、愛情を込めた笑い声が返ってきた。

 冨永さんがマックイーンのショーでトリを務めたのは2003年。公開中のドキュメンタリー映画「マックイーン:モードの反逆児」を見た冨永さんは改めて彼の生い立ちや創作の秘密を知り、「やっぱり唯一無二の人だった」と振り返る。

 リー・アレキサンダー・マックイーンは1969年、ロンドンの労働者階級に生まれた。23歳でデザイナーデビューし、エレガントかつ過激な美的センスでモード界に衝撃を与え、27歳でジバンシィのデザイナーとなる。自身のブランドも展開しデヴィッド・ボウイやキャサリン妃など多くの顧客に愛された。

「リーから『愛にショーの“トリ”をやってもらいたい』と依頼をいただいたんです。モデルの誰もが憧れるデザイナーでしたから、うれしかったですね」

 映画にもそのシーンが登場する。雪女をイメージした鮮やかな打ち掛けを羽織り、吹雪の中でそれをはためかせる様は、えもいわれぬ美しさだが、

「あの打ち掛けは布団みたいで、ものすごく重かったんです。それを着て直径3メートルはある巨大な扇風機でガンガン風を当てられながら、透明なトンネルのなかをいまで言う“イナバウアー”で歩いてくれ、と言われました。しかも打ち掛けの下はショーツ一枚! 『こんなに強風なんて聞いてないよ!』って思いましたけど(笑)、それでも彼の世界観の一部になれたことは光栄で、後にも先にも忘れられないショーになりました」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい