猫の腎臓病 早期発見に「魚形しょうゆさし」が一役買う理由とは?

ねこ

2019/04/12 16:00

 高齢猫の「宿命」のように受け止められてきた腎臓病。初期療法食による対症療法の充実や、夢の治療薬の開発も進み、様相は一変しつつある。AERA増刊「NyAERA (ニャエラ) ネコの病気と老い」から腎臓病の治療法を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「健診のクレアチニンでは測れません」 専門医が警告する腎機能低下の本当の指標とは

    「健診のクレアチニンでは測れません」 専門医が警告する腎機能低下の本当の指標とは

    AERA

    6/27

    「見ているのがつらい」猫の腎臓病 ”ノーベル級”新剤に見る治療の可能性

    「見ているのがつらい」猫の腎臓病 ”ノーベル級”新剤に見る治療の可能性

    AERA

    4/13

  • ネコの寿命が30歳に!? 最新医療が切り拓く未来がスゴい

    ネコの寿命が30歳に!? 最新医療が切り拓く未来がスゴい

    AERA

    1/5

    8人に1人がかかる国民病 サイレントキラー「慢性腎臓病」の怖さとは

    8人に1人がかかる国民病 サイレントキラー「慢性腎臓病」の怖さとは

    週刊朝日

    6/27

  • 慢性腎臓病に多い合併症「腎性貧血」 心筋梗塞や脳卒中のリスクに

    慢性腎臓病に多い合併症「腎性貧血」 心筋梗塞や脳卒中のリスクに

    週刊朝日

    7/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す