【沖昌之】外猫撮影では要素を取り除くのではなく、画面にうまく取り込んで 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【沖昌之】外猫撮影では要素を取り除くのではなく、画面にうまく取り込んで

連載「今週の猫しゃあしゃあ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖昌之AERA#ねこ#動物#沖昌之
Canon EOS-1D X・f/5.6・1/1600秒・ISO400(撮影/猫写真家・沖昌之)

Canon EOS-1D X・f/5.6・1/1600秒・ISO400(撮影/猫写真家・沖昌之)

 主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「ほら、見てみい。虫歯なんか一本もないから。」をお届けします。

【写真】沖さんが大好きな猫の仕草の瞬間はこちら

*  *  *
 普段、僕は猫が遊んでいるところなど、全体像を撮ることが多いのですが、これは望遠レンズで猫の表情を捉えようと、あくび顔を狙いました。

 この写真、小枝を口からペッと出しているように見えませんか? 屋外で撮影するので、どうしても枝などが邪魔になることがあります。でも僕はそれを取り除くのではなく、画面に何とかうまく取り込みたいと思っています。

<沖昌之>
猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』など。最新刊の写真集『残念すぎるネコ』が発売中。インスタは@okirakuoki。新刊『俳句ねこ』(共著)が発売中

AERA 2019年3月18日号


トップにもどる AERA記事一覧

沖昌之

沖昌之/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』『残念すぎるネコ』など多数。インスタは@okirakuoki。『明日はきっとうまくいく』が朝日新聞出版より発売中。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい