「ボヘラプ愛」が英語上達の近道? 専門家に聞く効果的学習法 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ボヘラプ愛」が英語上達の近道? 専門家に聞く効果的学習法

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA

(c)2018 Twentieth Century Fox

(c)2018 Twentieth Century Fox

ブライアンやロジャーが所属するバンド「スマイル」のライブ後、フレディ(左)とメアリーが話をする (c)2018 Twentieth Century Fox

ブライアンやロジャーが所属するバンド「スマイル」のライブ後、フレディ(左)とメアリーが話をする (c)2018 Twentieth Century Fox

 燃え上がるクイーン愛、あなたもその一人? 映画館に通い詰めるその熱狂を英語力アップに使わない手はない。用意はいいかい、ダーリン!

*  *  *
 映画「ボヘミアン・ラプソディ」がロングヒットを続けている。フレディ・マーキュリー、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンの4人が結成した伝説のバンド、クイーンの栄光と、フレディの生きざまを描いた物語だ。

【映画「ボヘミアン・ラプソディ」の場面写真はこちら】

 クイーンの魅力はもとより、本作で見事アカデミー賞主演男優賞に輝いたフレディ役のラミ・マレックの熱演、練られたストーリー、数々の名曲。一度ならず映画館へ足を運び、DVDの発売を心待ちにしている人も多いはずだ。

 見るうちに、あのセリフ、英語ではなんて言ってたんだろう?という興味が出てくるはずだ。何度繰り返し見ても楽しめる上質な素材を、英語学習に使わない手はない。「ボヘラプ愛」を最大限に英語力アップに生かすにはどうしたらいいか。専門家に話を聞いた。

「ロック映画というと、言葉が汚いイメージがありますが、この映画はそうではなく、安心して英語学習にも使えます」

 と太鼓判を押すのは、ロッキング・オンなどで海外アーティストに英語でインタビューをしてきた鈴木あかねさんだ。

 映画の中で、クイーンを演じる4人は比較的わかりやすく、きれいな英語を話す。

「イギリス英語は、階級と地方なまりを軸にとって分類できます。例えば同じイギリスのバンド、オアシスがしゃべる英語の場合は出身地マンチェスターのなまりと、労働者階級の言葉が特徴的。その点クイーンはロンドン出身で、3人が大学卒の高学歴バンド。話す英語にもそれが表れています」

 映画のセリフの中で、鈴木さんが注目した単語は「misfit」だ。「ぴったりしない」という意味の動詞で、名詞では「はみ出し者」という意味になる。フレディがこう語るシーンがある。

“We ’ re four misfits who don ’ t belong together, playing to the other misfits.”

 字幕では「俺たちははぐれ者 互いのため音を奏でる」と訳されている。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい