「釜石のためになることを」津波を逃れた慶大生の決意とは?

2019/03/11 11:30

 岩手県釜石市では、震災当時2926人いた小中学生のうち、99.8%にあたる2921人が津波の難を逃れた。残念ながら5人が亡くなったが、市全体を大きく上回る生存率は「釜石の奇跡」と呼ばれ、防災教育の成功例とされた。

あわせて読みたい

  • ラグビー精神が釜石の震災復興を支えた! 「日本一の芝」と絶賛のスタジアムに詰められたある思い

    ラグビー精神が釜石の震災復興を支えた! 「日本一の芝」と絶賛のスタジアムに詰められたある思い

    AERA

    8/26

    渋谷の「のんべい横丁」が支援した被災地の横丁が復活

    渋谷の「のんべい横丁」が支援した被災地の横丁が復活

    週刊朝日

    4/19

  • 東大、特別休学で50万円支給 新しいプログラム

    東大、特別休学で50万円支給 新しいプログラム

    AERA

    9/8

    「生きっぺし」釜石の女将 ラグビーW杯招致に奔走

    「生きっぺし」釜石の女将 ラグビーW杯招致に奔走

    AERA

    3/11

  • 岩手訪問で予定外のお声がけ 周囲が感じた雅子さま変化の兆し

    岩手訪問で予定外のお声がけ 周囲が感じた雅子さま変化の兆し

    週刊朝日

    6/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す