福島を元気にしたい 被災地に移住した「新住民」の思い

2019/03/01 16:00

 原発事故から間もなく8年。放射能への不安、避難先での定着が帰還を躊躇させている。そうした中、かつての避難指示区域に、全国から移住した人たちがいる。気負わずに自然体で、「困った人を助けたい」と、住民たちの生活を支える。

あわせて読みたい

  • 「カネは怖い」原発賠償で差で住民らに亀裂

    「カネは怖い」原発賠償で差で住民らに亀裂

    AERA

    3/20

    弱者切り捨ての安倍政権 支援打ち切りで行き場失う福島の自主避難者たち

    弱者切り捨ての安倍政権 支援打ち切りで行き場失う福島の自主避難者たち

    週刊朝日

    7/10

  • 「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    週刊朝日

    3/10

    放置された排気筒の破断 置き去りにされた福島第一原発

    放置された排気筒の破断 置き去りにされた福島第一原発

    週刊朝日

    10/22

  • 福島第一原発20キロ圏内「止まり続ける時間」

    福島第一原発20キロ圏内「止まり続ける時間」

    週刊朝日

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す