10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

がん

2019/02/08 08:00

 生検で組織を採らなくても、血液の情報から自分のがんにどんな遺伝子変化があるかがわかる。そんな手法の研究が世界中で進んでいる。

あわせて読みたい

  • 医師も恐れるすい臓がん早期発見の可能性も がん治療を変える新手法

    医師も恐れるすい臓がん早期発見の可能性も がん治療を変える新手法

    AERA

    2/9

    患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    週刊朝日

    6/4

  • 医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    dot.

    6/19

    肺がんの切り札「個別化医療」で長期生存例も

    肺がんの切り札「個別化医療」で長期生存例も

    週刊朝日

    12/17

  • がん免疫療法が効くのはどんな患者? 治療効果を予測する方法を医師が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    がん免疫療法が効くのはどんな患者? 治療効果を予測する方法を医師が解説

    dot.

    7/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す