あなたの「視線耐性」は高い?低い? まずはテストで自己チェック!

2019/01/31 11:30

 視線耐性とは、「他者に見つめられたとき、自然体でいられる力」を指す。低い場合は、相手の目を見て話そうとすると必要以上に緊張して落ち着かなくなったりする。若い世代ほど高い比率で自覚し、ネット上では、「視線耐性がないから、目を見て話せないわ」などと使われている。

あわせて読みたい

  • 女性に見られ、手が震えてパニック… 「視線耐性」の低さに悩む人々

    女性に見られ、手が震えてパニック… 「視線耐性」の低さに悩む人々

    AERA

    1/29

    「SNSで盛った自分」と現実の差に苦悩 デジタル普及で恋愛もビジネスも…

    「SNSで盛った自分」と現実の差に苦悩 デジタル普及で恋愛もビジネスも…

    AERA

    2/2

  • 「加工アプリ使わないと不安…」 重症化で“ひきこもり”のリスクも

    「加工アプリ使わないと不安…」 重症化で“ひきこもり”のリスクも

    AERA

    2/3

    もはやマスクは「顔パンツ」 40代女性の見られたくない意識

    もはやマスクは「顔パンツ」 40代女性の見られたくない意識

    AERA

    1/30

  • 携帯・スマホ接触時間10年前の6倍に リアルな対人経験は減少で「視線耐性」も低下

    携帯・スマホ接触時間10年前の6倍に リアルな対人経験は減少で「視線耐性」も低下

    AERA

    2/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す