是枝裕和×広瀬奈々子対談 映画監督に問われる「現場の鮮度」とは? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

是枝裕和×広瀬奈々子対談 映画監督に問われる「現場の鮮度」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA

映画「夜明け」は、東日本大震災時に広瀬監督自身が感じた社会や自分に対するモヤモヤ感を主人公に投影した作品。1月18日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開 (c)2019「夜明け」製作委員会

映画「夜明け」は、東日本大震災時に広瀬監督自身が感じた社会や自分に対するモヤモヤ感を主人公に投影した作品。1月18日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開 (c)2019「夜明け」製作委員会

【映画監督】是枝裕和(これえだ・ひろかず、右):1962年生まれ。95年「幻の光」で映画監督デビュー。2004年に「誰も知らない」で数々の映画賞を受賞。18年、「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞/【映画監督】広瀬奈々子(ひろせ・ななこ):1987年生まれ。是枝監督の映画作品では「そして父になる」(2013年)、「海街diary」(15年)、「海よりもまだ深く」(16年)に監督助手として参加。オリジナルの「夜明け」で映画監督デビュー(撮影/植田真紗美)

【映画監督】是枝裕和(これえだ・ひろかず、右):1962年生まれ。95年「幻の光」で映画監督デビュー。2004年に「誰も知らない」で数々の映画賞を受賞。18年、「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞/【映画監督】広瀬奈々子(ひろせ・ななこ):1987年生まれ。是枝監督の映画作品では「そして父になる」(2013年)、「海街diary」(15年)、「海よりもまだ深く」(16年)に監督助手として参加。オリジナルの「夜明け」で映画監督デビュー(撮影/植田真紗美)

 オリジナル映画「夜明け」で監督デビューする広瀬奈々子。映画監督の是枝裕和と西川美和が中心となり立ち上げた制作者集団「分福」で、監督助手を務めてきたキャリアを持つ。是枝と広瀬が語る映画監督とは?

【是枝裕和監督と広瀬奈々子監督の写真はこちら】

*  *  *
広瀬:是枝さんが本読みの前とかクランクインの前日とか大事な日の前にLINEをくださいましたよね。「楽しんでね」みたいな(笑)。それがすごく嬉しかったです。正直、救われました。

是枝:友達が少ないので(笑)。

広瀬:本読みでは「自分が聞いていて恥ずかしいところや、役者が言いづらいところなどはきちっと直したほうがいい」というアドバイスはありがたかったです。実際役者が口に出して読んでみないと、言葉が体に合っているかどうかわからないので。

是枝:僕もいいこと言うな(笑)。(分福では)西川は妹、さらに手に負えない妹が砂田(麻美監督)。奈々子は彼女たちよりも圧倒的に大人なので、僕は奈々子に怒られないように尊敬される先輩でいたい。「最近面白くないですよ」って言われないようにしないとって思ってます。

広瀬:何をおっしゃいますか(笑)。私は今回初めて監督をして、監督助手をした3年間のことが体に染み付いているとよくわかりました。是枝さんから教えていただいたことが私のベース。一番学んだのは現場の鮮度です。是枝さんの現場は楽しい。不思議なんですが毎回新鮮なんです。イメージや脚本、コンテにあるもの通りに撮るのではなく、現場で生まれてくることを捉えることが楽しい。そこを今後も目標にしたいです。

是枝:あんまり真似するとね、現場が大変なことになるよ(笑)。でも、鮮度を保つのはみんな大変なんだよ。ジャ・ジャンクー監督と対談した時に彼も言っていたけど、20年も映画を撮っていると否応なくうまくなっていく。「こうすれば上手にできる」という洗練さが自然と身につく。でも、それと映画が力を持つことは違う。その洗練とどう闘っていくかが必要になる。毎回新しいものとしてどう出会っていくか、それを諦めないためにどうするか。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい