「私が死んだら夫の隣に…」も叶う 横須賀市が終活支援を始めた背景 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「私が死んだら夫の隣に…」も叶う 横須賀市が終活支援を始めた背景

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA
市役所の一角に置かれた無縁遺骨。棚に並ぶ遺骨を見ると、名前が「不明」なのは1柱だけ。あとは身元が判明しているのに引き取り手がいない遺骨だ(撮影/編集部・深澤友紀

市役所の一角に置かれた無縁遺骨。棚に並ぶ遺骨を見ると、名前が「不明」なのは1柱だけ。あとは身元が判明しているのに引き取り手がいない遺骨だ(撮影/編集部・深澤友紀

横須賀市の終活情報の登録用紙。全4ページで、生前契約の情報やエンディングノートの保管場所など11項目ある。登録項目は自由に選べて追加や変更もいつでもできる(撮影/写真部・小黒冴夏)

横須賀市の終活情報の登録用紙。全4ページで、生前契約の情報やエンディングノートの保管場所など11項目ある。登録項目は自由に選べて追加や変更もいつでもできる(撮影/写真部・小黒冴夏)

死後の手続きはこんなにある(AERA 2018年12月31日-1月7日号より)

死後の手続きはこんなにある(AERA 2018年12月31日-1月7日号より)

 だが、相続人以外は通帳からお金を引き出すことはできない。男性は市の費用で火葬され、政教分離の原則のため、お経を唱えてあげることもできなかった。

「葬儀のために自分でお金を蓄えていたのに、本人の遺志をかなえることができないことが、とても切なかった」(北見さん)

 事業を開始して約3年半。これまでに358人が相談に訪れ、37人が登録。7人が亡くなって生前に希望したプランが実施されたという。

 その中の一人、81歳で亡くなった女性は亡くなる2カ月前、「私が死んだら夫の骨壺の隣に置いてもらえないでしょうか」と相談にきた。2カ月前に夫を亡くしたばかりで子どもはおらず、頼れる親族もいない。女性は市の事業に登録して葬儀社と生前契約した。死後、女性の遺骨は市内の寺の永代供養墓の中にある夫の骨壺の隣に置かれ、白いひもで固く結ばれた。

 一方で、別の女性は亡くなった後、先に亡くなった夫の墓の場所を甥や姪も知らなかったため、今も市の無縁納骨堂に置かれているという。

 遺族の連絡先がわからずに無縁遺骨になる場合や、生前契約の書類やせっかく書いたエンディングノートもどこにあるかわからず、故人の希望がかなえられないこともある。そこで、同市はすべての市民を対象に、墓の場所や葬儀の生前契約先、緊急連絡先などを市に登録する「わたしの終活登録」も18年5月からスタートさせた。搬送時や死後、自身が登録した終活情報を、本人が指定した人や病院や消防、警察からの問い合わせに市が答える。11月に86歳の男性が亡くなったときは、遠方に住む姪から「私が知ってもいい情報を教えてください」と市に問い合わせがあり、男性が親しくしていた友人に連絡でき、みんなで見送ることができたという。

「情報が伝わらないために生前の希望をかなえられないこともある。市が少し手助けすることで市民の最期の尊厳を守れたらと思っています」(北見さん)

(編集部・深澤友紀)

AERA 2018年12月31日号-2019年1月7日合併号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい