がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

2018/12/05 11:30

 医療の進歩でがん患者の生存率が高まり、働く世代も増えている。同時に関心が高まっているのが「アピアランス(外見)支援」だ。先駆的な役割を担うサロンが東京に進出し、注目を集めている。

あわせて読みたい

  • 最初は閑古鳥も…がん患者の“見た目”をケアする女性が奮闘

    最初は閑古鳥も…がん患者の“見た目”をケアする女性が奮闘

    AERA

    12/14

    ウィッグ、ネイル…がん患者「外見ケア」で職場復帰支援

    ウィッグ、ネイル…がん患者「外見ケア」で職場復帰支援

    AERA

    9/11

  • 「難治がん」の記者 抗がん剤による脱毛の悩みはどれほどか。かつらを被って近所を歩いて考えた
    筆者の顔写真

    野上祐

    「難治がん」の記者 抗がん剤による脱毛の悩みはどれほどか。かつらを被って近所を歩いて考えた

    dot.

    11/18

    かつらがずらり…がん患者の「外見ケア」最新事情

    かつらがずらり…がん患者の「外見ケア」最新事情

    週刊朝日

    8/18

  • 五輪金メダリストにウィッグをアデランスが提供したワケ

    五輪金メダリストにウィッグをアデランスが提供したワケ

    dot.

    5/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す