幹事の肝はシミュレーションにあり? アエラ編集部、「究極の飲みニケーション」を実践

2018/12/03 16:00

 存分に酒を飲ませて、みんなでウェーイとなれば、飲み会幹事は合格……というのは昔の話。現代の幹事はこれまで見てきたようにセクハラやパワハラを防ぎ、飲み会が持つ様々な効果を最大限に発揮させ、職場を活性化させることが使命だ。

あわせて読みたい

  • 若者に飲み会で言うとドン引きの説教ワード3選

    若者に飲み会で言うとドン引きの説教ワード3選

    東洋経済

    6/8

    「ランチョン効果」で人間関係深まる? 職場の飲み会に意外な効果

    「ランチョン効果」で人間関係深まる? 職場の飲み会に意外な効果

    AERA

    11/30

  • 忘年会や新年会はもはや「必須ではない」 仕事飲み会はストレスとの声も

    忘年会や新年会はもはや「必須ではない」 仕事飲み会はストレスとの声も

    AERA

    12/17

    「飲み会で距離が縮まる」には科学的根拠があった! 専門家が解説

    「飲み会で距離が縮まる」には科学的根拠があった! 専門家が解説

    AERA

    11/30

  • 小島慶子「飲みニケーションは誰のため? コロナ後はみんなが楽しめる形になってほしい」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「飲みニケーションは誰のため? コロナ後はみんなが楽しめる形になってほしい」

    AERA

    12/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す