通りすがりにお金を…「見た目問題」当事者を無意識に見下す社会をどう生きるか?

2018/10/07 16:00

 生まれつきの疾患や病気、事故で顔や体に異変が出る。「容貌障害」を「見た目問題」と呼ぶ動きが広がっている。「見た目問題」とは、生まれつきの痣や、事故や病気による傷、火傷痕、脱毛など「見た目」に症状のある人々が、差別や偏見のためにぶつかる問題のこと。生きづらさは見た目そのものではなく、「世間」によっても生じるという意味を込め、いま、当事者の多くはこの言葉を使っている。

あわせて読みたい

  • メディアで取り上げられるのはスーパーマンばかり…「人生ってなんですか」見た目問題の新たなジレンマ

    メディアで取り上げられるのはスーパーマンばかり…「人生ってなんですか」見た目問題の新たなジレンマ

    AERA

    10/7

    脱毛を「隠さない」9歳少女の決意とは 「見た目問題」と生きる親子の思い

    脱毛を「隠さない」9歳少女の決意とは 「見た目問題」と生きる親子の思い

    AERA

    10/21

  • 笑われればやっぱりつらい だけど息子は「たくさんの喜びを与えてくれた」

    笑われればやっぱりつらい だけど息子は「たくさんの喜びを与えてくれた」

    AERA

    10/21

    「生きづらさを知ってほしい」 いまを生きるトランスジェンダーのドキュメンタリーが伝えるもの

    「生きづらさを知ってほしい」 いまを生きるトランスジェンダーのドキュメンタリーが伝えるもの

    AERA

    10/19

  • 病院看護師バブルがやってくる 11年後に14万人 だぶつきの衝撃

    病院看護師バブルがやってくる 11年後に14万人 だぶつきの衝撃

    AERA

    8/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す