孤独が呼び寄せる「鬱のサイン」精神科医の斎藤環氏に聞く

ヘルス

2018/08/31 07:00

 人は孤独が続くと、体を壊し精神的にも病んでしまう。誰しもが直面し得る孤独とどう向き合うべきなのか。筑波大学教授で精神科医の斎藤環氏に聞いた。

あわせて読みたい

  • 高まる「中高年男性」の孤独感、病気リスクも 官民挙げた「居場所づくり」が必要

    高まる「中高年男性」の孤独感、病気リスクも 官民挙げた「居場所づくり」が必要

    AERA

    7/3

    「孤独が人間の皮膚なら、苦しみは人間の肉」瀬戸内寂聴が出家して楽になった理由

    「孤独が人間の皮膚なら、苦しみは人間の肉」瀬戸内寂聴が出家して楽になった理由

    dot.

    5/7

  • コロナ禍で「望まない孤独」が増加、対策は待ったなし 新首相に「予防的な政策」期待

    コロナ禍で「望まない孤独」が増加、対策は待ったなし 新首相に「予防的な政策」期待

    AERA

    9/29

    家族がいても孤独…本音を押し殺してサバイブする50代女性

    家族がいても孤独…本音を押し殺してサバイブする50代女性

    AERA

    9/2

  • 貧困、虐待、DV…女性たちがステイホームで地獄に 保護後も孤独という厳しい現実

    貧困、虐待、DV…女性たちがステイホームで地獄に 保護後も孤独という厳しい現実

    AERA

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す