【ひと目でわかる比較表付き】NISAとiDeCoの違いをたった4行で! (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ひと目でわかる比較表付き】NISAとiDeCoの違いをたった4行で!

このエントリーをはてなブックマークに追加
大場宏明,伊藤雅浩AERA#お金#朝日新聞出版の本#読書
西尾貴仁(にしおたかひと)/マネックス証券マーケティング部で主に日本株や米国株サービスのマーケティングを担当。2013年4月に新卒第9期生としてマネックス証券に入社。個人投資家向けサービス、投資制度、米国株に詳しい(撮影/小山幸佑)

西尾貴仁(にしおたかひと)/マネックス証券マーケティング部で主に日本株や米国株サービスのマーケティングを担当。2013年4月に新卒第9期生としてマネックス証券に入社。個人投資家向けサービス、投資制度、米国株に詳しい(撮影/小山幸佑)

違いが一目瞭然! NISAとiDeCoの比較表

違いが一目瞭然! NISAとiDeCoの比較表

 NISA、ジュニアNISA、つみたてNISA、iDeCo――。日本には現在、国による4つの投資優遇制度があり、その違いがわかりにくい。

 いずれも税金面で国が出血大サービスをしてくれるので、老後の資金不足解消のためにもぜひ始めたいところなのだが、どれを選べばいいかわからない人は多い。

 それぞれに一長一短があるのだが、自分にとって有利なのはどれなのか? 別冊アエラ『大人の株主優待ランキング』に掲載された記事を再構成して紹介しよう。

【違いが一目瞭然! NISAとiDeCoの比較表はこちら】

*  *  *
 NISAなどの投資非課税制度が次々と発足したのは、株価低迷と日本人の老後不安が背景にある。

 そこで政府・金融庁は2014年、英国の投資優遇制度(ISA=個人貯蓄口座)をお手本に、税率ゼロの投資優遇制度としてNISAを創設した。

 マネックス証券の西尾貴仁さんは、「株式や投信での運用を奨励し、株価低迷の打開と老後不安の解消という一石二鳥を狙う大胆な経済政策です」と評価する。

 NISA、19歳以下が対象のジュニアNISA(運用は親権者)は、預貯金が対象外。株式市場や投資信託へ資金を誘導したいという意図が感じられる。

 一方、年金行政を担う厚生労働省も個人型確定拠出年金(iDeCo)を2017年1月に立ち上げた。こちらは国民年金や厚生年金とは別の積み立て制度を作ることで、老後資金を自助努力で築くよう促している。

 iDeCoから見たNISAとの違いは、「NISAは株式投資がOKで、iDeCoはNG(投信と預貯金メイン)」ということ。期間は40年と長く、貯めたお金の引き出しは60歳からと、制約も多い。投資より貯蓄の色合いが濃い制度だ。

 こうして文章でそれぞれの特徴を書いていくと非常に長くなるのだが、どんなに丁寧に書いても分かりにくい。さすが(?)はお上の作った制度だ……。

 そこで本誌は、NISAとiDeCo4つの投資優遇制度を横並びに比較した表を作った。「NISAって何?」「iDeCoって何?」という記事は雑誌やウェブ上に氾濫しているのだが、「NISAとiDeCoを横並びで、本気で比較した表」は、探しても意外に無いのである。



トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい