養豚場の人と動物愛護を訴える人、どちらが命の重さ知ってる? 「生命」にまつわる本格ミステリー

読書

2018/06/04 16:00

 下村敦史さんの小説『黙過』は、「生命」の現場が舞台の本格ミステリー。「命」について考えさせられる同書の魅力を、三省堂書店の書店員・新井見枝香さんは次のように寄せる。

あわせて読みたい

  • 浅田美代子が訴える「繁殖業者のペット大量生産を阻止する動物愛護法改正」

    浅田美代子が訴える「繁殖業者のペット大量生産を阻止する動物愛護法改正」

    dot.

    3/11

    愛しく大切にするべき動物の命、なのに「おいしい!」と食べてしまう矛盾

    愛しく大切にするべき動物の命、なのに「おいしい!」と食べてしまう矛盾

    AERA

    2/12

  • レンタルペットで議論過熱…「猫&犬ブーム」に落とす“暗い影”

    レンタルペットで議論過熱…「猫&犬ブーム」に落とす“暗い影”

    dot.

    6/17

    軒下のツバメの巣を取ると100万円以下の罰金!? 身近な動物たちとの付き合い方

    軒下のツバメの巣を取ると100万円以下の罰金!? 身近な動物たちとの付き合い方

    週刊朝日

    8/12

  • ブタの心臓移植は「子ども」に大きなメリットも 心臓移植の第一人者が語る可能性

    ブタの心臓移植は「子ども」に大きなメリットも 心臓移植の第一人者が語る可能性

    AERA

    2/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す