吉田羊、キスシーンで「女になってる」? 鈴木おさむ初監督映画 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉田羊、キスシーンで「女になってる」? 鈴木おさむ初監督映画

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
すずき・おさむ(左):1972年4月生まれ。大学在学中、19歳で放送作家としてデビュー。ドラマや映画の脚本執筆のほか、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍/よしだ・よう/1997年に舞台でデビュー。2014年にドラマ「HERO」で注目される。主な映画出演作に「映画ビリギャル」「ボクの妻と結婚してください。」。ドラマ、CMなどでも幅広く活躍(写真:篠塚ようこ)

すずき・おさむ(左):1972年4月生まれ。大学在学中、19歳で放送作家としてデビュー。ドラマや映画の脚本執筆のほか、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍/よしだ・よう/1997年に舞台でデビュー。2014年にドラマ「HERO」で注目される。主な映画出演作に「映画ビリギャル」「ボクの妻と結婚してください。」。ドラマ、CMなどでも幅広く活躍(写真:篠塚ようこ)

映画「ラブ×ドック」はアラフォー女子の心に響く、大人のためのラブコメ。主演の吉田羊をはじめ出演陣も豪華。5月11日から全国公開 (c)2018『ラブ×ドック』製作委員会

映画「ラブ×ドック」はアラフォー女子の心に響く、大人のためのラブコメ。主演の吉田羊をはじめ出演陣も豪華。5月11日から全国公開 (c)2018『ラブ×ドック』製作委員会

鈴木:「ラブ×ドック」はファンタジーのふりをした残酷物語。吉田鋼太郎さんが演じた、飛鳥の不倫相手の行動は、見ている男性のほうが痛いと思います。男が不倫したいがために気のある女性に「才能ある」って言っちゃう。最低の行為ですけど、そういう男性っていますよね。それに釣られちゃう女の人もいるし。僕はそういう恋愛を見たこともありますし、友達がたくさんいるので多くの恋の話を聞きます。不倫で明らかにだまされている女性は、本人にそう言っても聞かないでしょ。

吉田:痛い目に遭うまでね(笑)。

鈴木:そう。恋の相談をする人は自分が納得する答えが欲しいだけ。なんてずうずうしいやつなんだと思いますけどね(笑)。

吉田:おさむさんはすごく優しいし相手の言うことをくんであげるから、相談が多いんだと思います。相手の欲しい言葉をあえて言ってあげるからですよ。

鈴木:だってそうしないと終わらないんだもん(笑)。

吉田:おさむさんはいつも演じる人から「人(ニン)」が見えてほしいとおっしゃってましたよね。

鈴木:そう。どんな物語でも役者さんが演じているから役なんですけど、その役が本人と重なった時の最強ぶりってある。「人」が見えた時の爆発力ってすごいよなぁと常々思っています。

吉田:おさむさんはそこに基準があるから、ご自分で脚本を書かれているのに役者に渡したら役者のものだという潔さがあります。だから現場で「羊さん、このせりふはどういう気持ちで言いますか」って自分で書いたのに聞いてくる(笑)。いい意味で役者に任せていただいているんだと思ったので、本当に自由に感じたままに演じました。

鈴木:やりたいことは台本に全部書きました。世界観の構築は信頼しているアートディレクターに入ってもらったりしたので、映画のイメージは見えていました。この映画を見た僕の周りの30代以上の女性たちがみんな言ってくれるのは、最後の橋のシーン。まさに映画はそのクライマックスに向かって走っていきます。そのシーンの爆発力は羊さんの「人」が重なっていないと出ないと思っていました。だから、あのシーンが撮れたときはすごく安心しました。

吉田:私もです。リハーサルでは過呼吸になりましたから。それにしても今回のように、年下から年上までイケメン3人に言い寄られることはこの先の人生でないと思うので、ぜいたくな体験をさせていただきました。キスシーンも……。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい