ぐっちー「地銀の融資能力が低下したワケ」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ぐっちー「地銀の融資能力が低下したワケ」

連載「ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぐっちーAERA#ぐっちー
ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中

(c)朝日新聞社

(c)朝日新聞社

 実はさらに追い打ちをかけたのが金融庁なのです。金融機関の経営安定という名目で、地銀にさえ4%という高い自己資本比率の達成を求め、その資本の質にまで規制をかけたので、リスクウエートがゼロの資産、要するに日本国債を買う一方で、リスクウエート100%の融資(格付けによって差がある)に対して極めて消極的にならざるを得ないという事態を迎えたわけなのです。

 金融庁には、地銀が行っている融資をきちんと審査し、優良取引先であればリスクウエートを下げるという選択肢があったわけですが、これができる審査官がいなかった。なので地銀は地元企業への融資はできないという方向に一気に走った、というのが今の結果と言えます。

 これはある意味「人災」で、あれから二十数年、今やきちんと融資を審査できる人が地銀の中にいなくなってしまったというわけですね。

AERA 2018年5月14日号


トップにもどる AERA記事一覧

ぐっちー

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい